東京タワー、梅雨時の堂々

~20140613 002

梅雨の合間に堂々の東京タワー。

 

東京タワー周辺は墓地が多いんですけれども、

東京タワーを建設する際に使われた素材としての鉄は、元は戦車だったんだそうです。で、その戦車を作った素材としての鉄は、元は寺社から接収された鐘だったんだそうです。鎮魂としての鐘が転じて電波塔となり電波を発し、その麓には死者が集まる。

ちなみに縄文の頃の東京タワー周辺芝公園のあたりは岬であり、タワーはいわば灯台を担う役割。今も昔も突端であり続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です