よく見ること

20170105

すっかりさむーくなってきて、さむいっ!って思いながらペダルを漕いで通勤路を行ったり来たりしています。もっと寒くなりますね。温まりたい心地ひとしおでありますね。

なんて思いながら見上げた風景を撮る。パチリ。ビルたかーい。

 

そうか、丁度昨年は戦友と酒を飲んでいたのだな。

http://musicoolor.com/with-drink

 

今年のひとつやろうと思うことに「よく見ること」があります。何事においても基本は「よく見る」ことだと思うんですよね。

アート作品、絵画や造形などを見ていると、いつも以上に対象を見るので、「よく見ること」は養えると思うんです。一枚の絵をずーっと眺めていると、とてもいろんなことに気がつく。見れば見るほど多くに気付かせてくれて、もっと見たくなる作品がおもしろい。深みがあるといいますか。

その眺める強度と同様に、普段目にする物事を眺めていると、もっともっといろんなことに気づくのではないかと。

「発見は日常の外にあるのではなく、すでに日常の内にある」

ということをより知るためにも、よく見て、耳を澄ませて、時に写真を撮り、今生きている世界をきちんと「見る」ことをしたいと思っています。

 

と思って戦友の写っている写真を見ると、いろいろなことに気づきます。写真の彼は僕と話しているのではなく、この時飲んだお店の店主と話しているのだ(店主は彼の友人です)。実に楽しそうにしているな。おや煙草を吸っている様子。白ワインがある程度進んでいて、もしかしたら記憶はないかもしれないぞ。など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です