湿気と雑を経て次へ

梅雨独特の湿気にやられていろいろと雑になっていましたが、じっと座ってみたり、辛いものを食べたり、切った貼ったすったもんだしていたら、かきーん!となって復活の呪文が唱えられた模様。

 

連日の宴にすっかり身体がぐるりとひと回りして、さて明日から次なる場所へ向かおうとする気力はチャージできました。さて夏を走り抜けようとまずはじっくりと先を見据えるところからはじめるようにしましょう。

 

今までもそしてこれからも、わぁーっと走って、途中で疲れていやになって休んで、そしたらむくむくと元気が出てきて、またわぁーっと走って、の繰り返し。そうやって成長するのか暇をつぶすのかしながら歳をとって、でもそのときどきでわぁーっとやっていればあまり歳もとらずに意外と若いものです。

 

さあ次にゆこう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です