書くという行為に対する畏れのようなもの

書くという行為は時において呪術的な妙味を帯びることがある。というのは、書いているうちに、自分では意図していないのに、導かれるようにして言葉が紡がれていき、気付けば随分と遠くまで来てしまった、という感覚が訪れるということ。書いている自分が書きながら考えていく、その速度が非日常な次元に迷い、ずるずると引きずり出されるように想念があふれてくるときの、「なんだなんだこれは」という感覚が、時に呪術に思えてしまう。

それが必ずしも素晴らしい文章になるかといえばそんなことはない。むしろそうはならない。が、時折訪れるその感覚が、いったい何なのだろう、というのを知りたくて、また書く。

何かの稽古事にも似ているのかも知れない。何かが捉えられそうに、もうすぐ掴めそうになり、手を伸ばそうと稽古を反芻する。その反芻、反復に入り込み、我を忘れて没頭。ふと我に返ってくる。その感じ、ゾーンに入り込む感じが面白く、再び新たな行為に没頭する。その繰り返し。そのうち上手になっている。

IMG_9098

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする